木の戦い
58c7b29a1f4375ba470003d2 58c7b29a1f4375ba470003d2 58c7b29a1f4375ba470003d2 58c7b29a1f4375ba470003d2 58c7b29a1f4375ba470003d2 58c7b29a1f4375ba470003d2 58c7b29a1f4375ba470003d2 58c7b29a1f4375ba470003d2

木の戦い

残り3点

¥2,700 税込

送料についてはこちら

詩:タリエシン 英訳:ロバート・グレイブス 訳:井辻朱美 書:華雪 出版:エクリ 48ページ 古代ケルト人にとって「木」は神霊であり世界の象徴でした。そして、ケルト文化では「木」は文字と同義であり、暦もまた木によってあらわされていました。 6世紀のウェールズで活躍した伝説の吟遊詩人タリエシン。彼の作と伝えられる詩群『木の戦い』(The Battle of the Trees)は多くの木々が動き回り、激しい戦いを繰り広げる物語です。 アルファベット二十文字はそれぞれ木の名によって呼ばれ、これらの木が『木の戦い』の詩行に登場します。 ウェールズ・ケルトの口承叙事詩『マビノギオン』や数々のファンタジーの翻訳者、井辻朱美の流麗な訳詩によって、詩神タリエシンに詠われた木々が勇躍し、ブナとオーク、ヒイラギ、エニシダ、トネリコが身を鎧い隊伍を組んで進軍する壮大でミステリアスな詩行を書家、華雪が彩ります。 四画の文字「木」がさまざまな木の個性を際立たせ、壮絶な争いを現出させます。