九月の朝顔
58c7b78cd3b2a041520005d3 58c7b78cd3b2a041520005d3 58c7b78cd3b2a041520005d3 58c7b78cd3b2a041520005d3 58c7b78cd3b2a041520005d3 58c7b78cd3b2a041520005d3 58c7b78cd3b2a041520005d3 58c7b78cd3b2a041520005d3

九月の朝顔

残り2点

¥2,376 税込

送料についてはこちら

著者:畑尾和美 扉竹紙:菅野今竹生 表紙判子:長島裕子 装丁・編集:中島恵雄 出版社:ブックロア 177ページ 糸で描いた作品と朗読から紡いだ「声の本」 関西を拠点に活動する作家、畑尾和美の詩画集です。当オンラインストアの副店長です。彼女は言葉を綴り、刺繍で絵を描き各地で作品展や朗読会を行っています。本書には日本各地で朗読会を行った際に読んだ詩29篇と糸で描いた作品数点が収められています。 また著者が一冊ずつ本の扉に小さな朝顔の種を刺繍しています。最後の仕上げの製本も一冊ずつフランス装に手作業で仕上げています。彼女の温もりが伝わる一冊になっています。 畑尾/和美 1974年大阪生まれ。2000年、美術作家の永井宏さんのワークショップに参加したことをきっかけに作家としての活動をはじめる。言葉を綴り、糸や身のまわりにあるもので作品を制作。個展多数。2002年より、輪唱や合唱のように声を重ねるリーディングユニットmarine girlsを三倉理恵とともにはじめる。2007年から、ひとりの朗読会を日本各地で定期的に行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)