遥遥 はるばる/絵:イケダユーコ  詩:小鳩ケンタ
5cd7bfc1c843ce68e64ac0a2 5cd7bfc1c843ce68e64ac0a2 5cd7bfc1c843ce68e64ac0a2 5cd7bfc1c843ce68e64ac0a2

遥遥 はるばる/絵:イケダユーコ  詩:小鳩ケンタ

¥1,728 税込

送料についてはこちら

画家・イラストレーターのイケダユーコと詩人小鳩ケンタの絵と詩の往復書簡。 2016年秋、空蜜さんで開かれた企画展『うたうことば展』参加に向けて、小鳩ケンタが「詩に添える絵を描いてほしい」とイケダユーコに依頼したことがはじまりでした。 小鳩ケンタはこれまで書きためたいくつかの詩をイケダユーコへ送り、その詩を読んで、あるいはその一節からイメージを膨らませて、イケダユーコは絵を描きました。 空蜜さんでの企画展を終えて以降も、作品はポートフォリオとしてイケダユーコとともに鹿児島へ、個展を開いた徳島へと巡っていきます。そうしてはじまりから2年経った2018年秋、イケダユーコが日々描いているいくつかの絵を小鳩ケンタへ送ります。それらの絵に小鳩ケンタが詩を添えました。 この本は『うたうことば展』(2016年)での出展作品の一部と、2018年制作の作品を収録しています。遥々、時間と距離を渡って生まれた絵と詩の作品集です。 2019年4月20日 KIGIPRESS発行